2017年11月03日(金)「もう一度統合医療について考えてみよう」~がん治療の現状と未来にむけて~

よろずけんしょう

NPO法人統合医学健康増進会 第14回 公開講演会

「もう一度統合医療について考えてみよう」
~がん治療の現状と未来にむけて~

日本人の死因の1位が「がん」となってから36年がたちます。様々な治療方法がためされてきましたがステージの進んだがん・進行性のがんに関しては依然として治癒率はあがっておりません。

保険が適応される三大療法を主とした治療ではどうしようもないという状況の患者さんが多くいます。また身近な人の治療を目の当たりにしてQOLが落ちる治療を選択したくないという患者さんもいます。
このような患者さんに統合医学(標準治療に先進医療・伝統療法・代替療法・個別化医療などを組合せた治療)で治療効果の向上やQOLの向上をもたらす療法実践し、調査・研究をしている先生がいます。

このところ雑紙やTVなどでは代替療法は効果が期待出来ない、むやみに高価な治療などがあるなど、悪い例を取り上げて全ての代替療法が効かないんじゃないか、暴利を得ているのではないか、間違っているのではないかという論調が作り出されています。
このような状況では統合医療のメリットが広まる前に立ち消えてしまったり進歩が止まってしまうという恐れがあります。

今回の講演会では患者さんのために真摯に向き合っている3人の医師に、現状のがん治療=標準治療の利点・欠点、そして統合医療の利点・欠点をゼロに立ち返って見つめ直し、どのように捉え・活用して未来に繋げていくかをお話して頂きます。

また当NPO顧問の宇多川久美子先生(栄養学博士・薬剤師)、小林びんせい先生(自然療法師)にもそれぞれの観点からのお話をしていただきます。

長生きが当たり前になったいま、2人に1人ががんになるといわれています。自分や家族のために「がんになったらどうしたら良いのか、がんに罹らないためにどんな予防方法があるのか」をこの機会を通じて知って頂けたら幸いです。

 「統合医療と日本の未来」

遺伝子免疫クリニック 院長 白川太郎 先生

 「がん代替医療の本当の話」

よろずクリニック 院長 萬 憲彰 先生

 「がんになりにくい「こころ」と「からだ」とは 」

育生会横浜病院 院長 長堀 優 先生

質疑応答
3人の講演していただく医師に加え(自然療法師)小林びんせい先生参加

ハッピーウォーク運動療法指導
(栄養学博士・薬剤師)宇多川久美子先生

 

【セミナー詳細】
日 時: 2017/11/3(金曜日・祝日:文化の日)
開 場: 12:30
開 催: 13:00〜17:45
開 場: 全理連ビル 9F
東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル 9階会議室 (JR代々木駅前)
アクセス JR山手線・総武線・都営地下鉄大江戸線 「代々木駅」北口 TEL:03-3379-4111(代表)
参加費: 当日払い3000円(税込)・事前振込 2500円(税込)

全理連

 

セミナー申し込み

【お問合せ】
NPO法人統合医学健康増進会 事務局
電話番号 03-3971-6792 eメール info@togoigaku.win

主催: NPO法人統合医学健康増進会
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-4-1-401

【講師プロフィール】

よろずクリニック院長 萬憲彰先生
平成15年 産業医科大学 医学部 卒業
平成15年 鳥取大学医学部付属病院 第二内科入局(血液内科、腎臓内科、消化器内科など研修)
平成16年~平成20年 済生会江津総合病院勤務 消化器内科
平成20年~平成23年 十字会野島病院 消化器科医長
特定非営利法人MCW経営サポートセンター 理事
日本先進医療臨床研究会 理事
日本先端医療臨床応用学会 常任理事 (プロテオ検査研究部会部会長・ジェネピック治療研究部会部会長)
日本フェロトーシス臨床研究会 幹事
<所属学会>
日本内科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡学会
先進統合医療部門登録医(癌免疫療法)
エピジェネティック療法研究会
日本先進医療臨床研究会
日本統合医療学会
日本先端医療臨床応用学会
日本フェロトーシス臨床研究会

長堀優

育生会横浜病院 院長 長堀優先生
群馬大学医学部卒業。横浜市大第2外科入局、ドイツ・ハノーファー医科大学・応用解剖学講座、R.Pabst教授のもとに留学(ドイツ学術交流協会(D.A.A.D)奨学生)、癌転移にかかわる接着分子についての研究に従事する。その後、藤沢市立市民病院、横浜市立市民病院などで外科医長を務める。横浜市立みなと赤十字病院・外科部長に就任後、横浜船員保険病院・外科部長兼副院長に就任。育生会横浜病院 院長へ異動後就任。

白川太郎
遺伝子免疫クリニック 院長白川太郎先生
1983年京都大学医学部卒業。英国オックスフオー ド大学医学部 -― 留学を経て、2000年京都大学大学院医学研究科教授。2008年
6月 長崎票諫早市にユニバーサルクリニックを開設、院長に就任。2013年束京銀座に、東京中央メディカルクリニックを設立、 理事長に就任。ネイチャー、サイエンスなど一流誌へ多数誦文を発表。

宇多川久美子

一般社団法人国際感食協会理事長 宇多川久美子先生
ハッピーウォーク主宰
栄養学博士・薬剤師
「薬を使わない薬剤師」を目指して、食べること、歩くことの大切さを多くの方に伝えるため各地で「目からウロコのダイエットセミナー」「アンチエイジングセミナー」「メタボ対策セミナー」を開催。 薬剤師だからこそ、薬のすばらしさ・大切さを知っています。その反面、薬の怖さ・無駄使いも知っています。食べ方や歩き方を少し変えるだけでも、薬を飲まない身体を作ることが可能です。楽しみながらワクワクしながら健康を手に入れましょう!

小林びんせい
EGAWOホリスティックヒーリング 小林びんせい先生

自然療法師
1958年、東京都大田区生まれ。
1978年に国立東京工業高等専門学校の工業化学科を卒業。東京特殊印刷航空機事業部勤務などを経て、1983年からオーストラリア・パースに移住。日本食レストラン、自動車学校を経営する中で、無農薬食・自然農法・自然療法研究開始。スピリチュアルヒーリング、スポーツマッサージ、鍼灸師などの資格の他、2003年にはニューイングランド大学でヒューマンヘルスサイエンス(ナチュロパシー)を卒業し、最優秀鍼灸師を受賞。2005年シドニーに自然療法院を開院した。
2008年、23年ぶりに日本へ帰国し、心と体を癒す自然療法の教育と実践を中心に活動中。

 

NPO法人統合医学健康増進会とは

当会は、日本からガンと難病をなくしたい!と願う医師たちを応援しています。そして、一人でも多くの人に正しい知識と治療法を伝えることが使命であると考え行動しています。また家族3世代が健康で幸せに暮らせるための情報を提供する会です。

統合医学を推奨している医師たちの治療法・予防法・健康法などを医療関係者や民間療法家、健康業界関係者、がんや難病で苦しむ患者とその家族など、一人でも多くの方にお伝えしていくことを目指しています。

〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-4-1-401
Webページ http://togoigaku.win/
事務局電話番号 03-3971-6792 eメール info@togoigaku.win

統合医学健康増進会